基本的な「略式結納」のダンドリ

結納タイプ

結納会場はどこでやるのが一般的?

「関西式」に近い「九州式」

結納のスタイルは大きく分類して「関東式」、「関西式」、そして「関西式」に似た「九州式」の3つ。結納品は「関東式」より「関西式」が華やかと言われますが、「九州式」はお茶やお酒も加わり、さらに豪華な印象。熊本・八代地方では新郎側が酒1本鯛雄雌一対尾を「壽美樽」として新婦側に持参するのが習わしとなっています。簡略化するなら7品、5品と奇数にするのが基本です。それぞれに縁起を担いだり、願いが込められた品ですので、結婚式が終わるまでは床の間などに飾っておきましょう。披露宴まで期間がある人は一度片付けてから、式1ヶ月前などにまた飾って、結婚祝いなどをもって来られる人に披露できるようにしましょう。

  • 熨斗(のし)
    本来は鮑を伸ばしたもので、長生不死の象徴。

  • 結納料(ゆいのうりょう)
    結納金の包み。

  • 御知家(おちゃ)
    茶の木は根を張る。嫁ぎ先で根を張るように。

  • 家内喜多留(やなぎだる)
    お酒のこと。家に喜び事が集まり、慶事が続くように。

  • 寿留女(するめ)
    めでたく、一生とどまり、よい嫁になるように。

  • 子生婦(こんぶ)
    子孫繁栄を願う。

  • 友白髪(ともしらが)
    白髪に見立てた一対の麻ひも。共白髪、長寿健康を願う。

  • 末栄広(すえひろ)
    一対の扇子、家内の末広がりの繁栄を願う。

  • 芽出鯛(めでたい)
    雄雌一対の鯛。めでたい意味がある「鯛料」としてお金を持参することも。

  • 優美環(ゆびわ)
    指輪。

  • 高砂(たかさご)
    長寿の夫婦の象徴で老夫婦を形どった人形。

もともと結納金とは、嫁入りに必要な身支度金としての意味があり、最近では結婚式の資金として使ったり、家具や家電など新居の準備に使うことが多いようです。男性側から女性側に贈る結納金は、一般的に給料の2~3か月分と言われていて、50~100万円ぐらいが相場です。これとは別に婚約指輪などを用意しているケースも多いようです。経済力の範囲内でできるように考え、両家の両親ともよく話し合ってきめましょう。
結納返し
男性側から受け取った結納金に対して何割かを何らかの形で返したり、結納品を納め返すことを結納返しといいます。結納返しの金額は地域、家によって様々ですが、結納金の半額というのが大半ですが、九州地方では結納金の1割を目安に時計・背広で返すことが多いです。結納返しの金額は、結納金によっても変わってきますので、両家の両親の希望も含め、よく話し合いましょう。
現金を返す場合は、御袴料(おんはかまりょう)の金封が必要になります。品物(時計・背広など)を返す場合は、目録が必要となります。

日本料理 水前寺 羅生門
県内で最も歴史のある料亭。100年以上にわたって受け継がれた伝統と和の味。水前寺の水が湧き、緑に囲まれ、風を感じる羅生門。地元の食材をふんだんに使い季節を大事にした繊細なお料理を召し上がりながら、優雅なひと時をお過ごしください。会場見学も、お気軽にお申し付けください。

日本料理 泉里
水前寺公園の美しい景観を全室から眺めることができる「日本料理 泉里」。
熊本の良質な素材に、料理長の技術と情熱を注ぎ込んで
生まれるこだわりの和食。気持ちよい景色の中、おいしい料理を囲むと自然に和やかな雰囲気になると評判です。結納やお顔合わせなどの場として、選ぶにはぴったり!!L&Tコンシェルジュでは予約等も承っておりますので、詳細はお問い合わせください。

料亭作田吾作
創業明治28年。百年以上にわたって受け継がれてきた、伝統の味と和の世界がここに。
四季折々移り変わる日本庭園を眺めながら、ゆったり流れる時間と贅沢な食事に舌鼓。
日本古来より伝わる時間と空間の演出が可能なこちらの料亭では、和の結婚式も人気です。
L&Tコンシェルジュでは結納・お顔合わせ・婚礼等のご予約も承っておりますので、一度お問い合わせください。

懐石料理 松葉
地元でも長く愛され、松葉は以前は旅館だった趣のある家屋を改装された日本料理のお店です。離れに続く綺麗なお庭には趣があり、地元の新鮮な素材を生かしたお料理を落ち着いた空間の中で楽しめます。心のこもったおもてなしをうけて落ち着いた雰囲気のなかでの結納もオススメです。

鶴亀
結納金袋おひとつからコンパクトセット・畳1畳分ほどのフルセットまで幅広く取り扱いがございます。商品によっては2週間ほどお時間いただく場合もございます。詳しくはL&Tコンシェルジュにて実物のサンプル・パンフレットをご用意しておりますのでお気軽にご相談ください。