コロナウイルスで結婚式どうしたらいいの?【10/6更新】
今日のお客様の声今日のコンシェルジュ

 

Q.現在結婚式はされているのでしょうか?また式の予約はいつが多いでしょうか?

 

A.先週も結婚式が行われています(10月初旬)

先週は神社で親族のみの結婚式が行われました。

挙式で密にならない距離や演出などゲストに不安が残らないお二人がしっかり考えられていました。

秋は結婚式・前撮りの人気シーズンです!10月11月は多くの結婚式を予定しております。

またカウンターへのご相談のお客様も準備期間を考えて半年〜1年先で検討される方が多いです。

 

Qコロナの時期で結婚式を挙げられた方はいますか? 

もしいたら、どんな対策を取られていたのか具体的に聞きたいです。

また、結婚式を終えての感想も聞きたいです

 

 

A:もちろんいらっしゃいますよ。

  式場様も安全対策の為に会場に入る際にも手指の消毒、発熱を確認するなど、安全

対策を徹底されました。3密を避け、換気やゲストへの間隔など、打合せでも細かく

おふたりに説明をされました。

「祝福」という本来の意味を全員で共有し、かえってじっくりと披露宴を堪能できた

有意義な時間になったという声を頂きました。

人数を絞ることで、ゲストへの丁寧なおもてなしが可能なスモール・ラグジュアリー・ウェディングになったそうです。その会場がどのような安全対策をしているのかを、事前にしっかり確認してください。

そして、これからの時代の新しい結婚式の形にNGがあるとしたら

それは心配ごとを残したまま式を挙げるということです。

 

Qこの状況の中で私たち(新郎新婦)は挙げたいけど、親が反対しています。

 どうするのが1番いいのでしょうか?

 

 

A:おふたりの想いはもちろん大切です。ただ、それぞれの事情もあると思います、ご家族ともしっかり話合った上で、お互いが納得のいく結論を出して頂きたいです。

ご両親様にもご意見を聞き、おふたりの想いも伝え、どちらかの一方的な判断ではなく、お互いが歩み寄れば自ずと新しいアイデアが生まれるかもしれません。

その思いにしっかりと寄り添う式場様とお話を交え、後悔が残らないカタチで進んで欲しいです。

 

 

Q結婚式を契約し準備を進めていましたが、コロナが不安なので

フォトウェディングのみに変更したいと思っています。

 キャンセルではなく契約内容の変更として、式場でフォトウェディングは可能でしょうか?

その場合もキャンセル料はかかりますか?

 

A:現在、ご来店時からフォトウェディングをご検討されるお客様も多くいらっしゃいます。

 各式場様で契約内容も違いますので、キャンセル料が発生する・ しない場合とありますので

式場様に直接、確認をされる方がおふたりも安心です。

例えば、そのままの日程で挙式を視野に入れられる場合、延期を考えられる場合な

様々な視点から、意見やアドバイスをもらい、おふたりの悔いが残らないような

カタチで進んでいけるといいですね。

 

Q.お世話になった方を全員招待したいけど、 大人数で行うことが怖いのでどうしたらいいですか?

 

A.3蜜を避ける為に、2回に分けてご結婚式をされるお客様もいらっしゃいます。

1部では、ご家族・ご親族様メインのアットホームな結婚式をされ、

2部では、ご友人・会社関係の方を招いての二次会風パーティーのようにされているお客様もいらっしゃいますよ!

  それぞれ雰囲気の違うご結婚式で、お二人も楽しかった!というお声も頂いております。

 

Q.周りの人から、結婚式をすることを反対されています。 形だけでもしたいけど、どうするのが良いですか?

A.トゥエルヴではお二人のお気持ちを最優先に考えてお話しさせて頂いております。

ご結婚式のイメージやご要望を伺い、お二人に寄り添ったご提案をさせていただきたいと思っております。

 あるお客様は、ご家族だけでまずは年内に挙式を行われ、来年コロナウイルスの影響を見て

ご披露宴の日程を決めたいとおっしゃっているお客様もいらっしゃいます。

状況を見ながら、お二人の最高の日のお手伝いをさせて頂けたらと思っております。

まずはお気軽に何でもご相談ください!

 

Q長時間の見学や試食が怖いので、 時間を短くすること&試食に関して対応して頂くことは可能ですか?

 

A.可能です。

1日でご見学・相談会・ご試食までされると3~4時間かかる場合もございますので

 ご見学・相談会と、ご試食を別日で行い、短時間でご案内していただくことも可能です。

 事前にカウンターで式場様とお二人のご要望をお伝えさせて頂きますので、ご安心してフェアにご参加ください!

 

 

Q今結婚式をするなら、私達も含め、 ゲストもマスク着用ですか?

 

 

Aゲストの来場時にはマスク着用が望ましいかと思います。

マスク着用に関しては飛沫感染対策にあたりので、

会場内において換気及び他ゲストとの間隔に対策がとられている場合などはマスク着用せずにご飲食頂けるかと思います。

新郎新婦においては、ゲストとの間隔を保つことでマスク着用をせずに結婚式に望んで頂けます。

ガイドラインを取り入れた感染予防対策を各式場行っておりますので、その対策に添ってご対応をお願いする事になるかと思います。

 

招待された方はどう思っているだろう・・と 心配です。

 

 

A.ご配慮のお言葉を添えられのも必要かと思います。

 

今までにない事で、完全な解決策が見つからない現状においては、

ゲスト様もご不安なお気持ちを抱かれるかもしれません。それと同時にご祝福をされたいお気持ちも、もちろん抱かれていると思います。ご招待される際に、式場での感染症予防対策をお伝えされることと、

決してご出席に無理されないで欲しいというご配慮のお言葉を添えられると、ゲスト様のお気持ちに寄り添えると思います。

 

 

 

Qコロナの影響で結婚式をするかも悩んでいます。

ブライダルフェアに行ってみてから決めてもいいですか?そもそも、今ブライダルフェアはあっていますか❓

 

Aブライダルフェアは各会場、通常とは異なる対応にはなりますが、開催されています✨

 

コロナの影響で結婚式がいつ、どのような形で出来るかは今後の感染状況で変わっていくかと思いますが、

各式場最大限の対策をとったうえで結婚式をサポートしますよ。

まず、結婚式をするか悩んでいらっしゃる現状であれば、

まずはブライダルフェアに行かれてみながら、コロナの状況と照らし合わせ、お二人・ご家族としっかりと

お話合いされ納得するカタチがあれば結婚式を挙げられてはいかがでしょうか?

各式場のブライダルフェアの状況や結婚式への対策など、

ブライダルカウンタートゥエルヴでは最新の情報をお伝え出来ますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

Q感染リスクを下げるため、ゲスト人数を絞ろうかと思います。

その場合のデメリットはありますか❓

 

A.ゲスト一人あたりのご予算が上がる可能性があります。

お料理やお引出物などは、ゲスト人数が減ることで料金も下がりますが、

衣裳や写真などはゲスト人数によって料金は変わらない為、新郎新婦のお手出しが多くなることも。

感染リスクに関して、人数を絞った場合“一人当たりの空間が広くなる”ことで低くなりますが、

密集状態を作らないことも重要なので、会場の広さと換気を充分に行える環境を作ることで

極端にゲスト人数を絞ることは防げるかもしれません。式場とまずはご相談を。

 

 

 

Qコロナの影響で日延してしまったので、もともとの日程に

休みをとってくれていた人たちへお詫びの品など送った方がいいの?

 

 

Aおふたりのご都合でのお日延べではないこと、ゲスト様も十分ご理解されているかと思います。お詫びの品を贈られることは丁寧なご対応ですね。ただ却ってゲスト様に気を遣わせてしまう可能性も。

まずは式場とご相談され、お日延べの文面を発送されるので十分かと思います。

改めて開催される結婚式がより良いものになりますよう心より願っております。

 

 

 

Q式場へ対策についてこんな対策をまでしてほしい。

とこちらから式場へお願いしてもいいものですか?

 

A結婚式の主催者はおふたりです。

万全の対策をとってゲスト様をご招待されたいお気持ちに式場も添ってくれると思いますので

是非式場にリクエストをお伝えください。

場合によってはおふたりにご準備頂く物なども出てくるかと思います。

 

 

 

Q何月までのお客様がコロナの影響で 延期などを考えていますか?

Aご準備スケジュールがどこまで進んでいらっしゃったか、ご職業、結婚式の規模や

ご遠方ゲストの有無などによって影響の出方も様々ですが、

今夏・秋の結婚式をご決定でご準備していらっしゃった新郎新婦は決行されるか

ご延期されるか悩まれているようです。

新しい生活様式を取り入れた形式での結婚式開催に向けて熊本の各式場も動き始めています。

注目のブライダルフェア情報

結婚式場見学やフェア予約など、一度のご相談でお二人にピッタリのスケジュールをご提案。
まずはお気軽にお問い合わせください。